左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

豆乳生産量6.8%増 「無調整」中心に伸長 豆乳市場動向 日本豆乳協会2020年5月22日

一覧へ

日本豆乳協会は、2020 年1~3月期における豆乳市場の動向についての検証を発表した。

豆乳(類)総生産量の推移豆乳(類)総生産量の推移

同期における豆乳類全体の生産量は、9万4063kLで前年比6.8%増。豆乳市場は「豆乳(無調整)」を中心に伸長している。

分類別に見ると、最も伸び率が高いのは「豆乳(無調整)」で、生産量は2万8219kL(127.3%)。生産量が最も多い「調製豆乳」は、4万6879kL(103.5%)だった。また、「果汁入り豆乳飲料」は、3841kLで(113.5%)、コーヒーや紅茶などの「フレーバー系の豆乳飲料(その他)」は、1万3341kLで(108.6%)と、すべてのカテゴリーで生産量は順調に拡大し、出荷量も生産量と同様の傾向を示した。

一方、主に業務用として生産している「その他」に分類される豆乳は、1783kL(35.9%)と大幅に減少。1~3月期は、新型コロナウィルスの影響により、在宅勤務が増え、飲食店での外食を控え始めた時期と重なることから、自宅での消費量は大幅に増加したが、飲食店へ卸す業務用豆乳の生産量は減少したとみられる。

同協会は、生活者が、豆乳の特長や成分の優位性に触れる機会が増えたことが後押しとなり、「豆乳(無調整)」や「調製豆乳」などの豆乳愛飲者のリピート購入が増え、特に、1~3月期は、「豆乳(無調整)」を使った料理需要が拡大したことが市場拡大の要因になったとみている。

また、新型コロナウィルスの影響により、生活者の買い物の仕方にも変化が現れ、長期保存が可能な豆乳の需要がさらに高まったことも、一因と指摘している。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る