想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

南相馬市小高区で新たな酒造り 試験醸造酒を販売 haccoba2020年9月18日

一覧へ

福島県南相馬市の(株)haccoba(ハッコウバ )は9月15日からクラウドファンディングのMakuake限定で試験醸造酒2種類の販売を始めた。東日本大震災による避難で人口が一時ゼロになった南相馬市小高区に、来年2月にオープン予定の酒蔵で造る。日本酒の製法をベースに、ビールの原料"ホップ"を使った2種類の試験醸造酒でクラウドファンディング限定で届ける。

南相馬市小高区で新たな酒造り 試験醸造酒を販売 haccoba

新しい酒蔵で最初につくる試験醸造酒タイプAとタイプB新しい酒蔵で最初につくる試験醸造酒タイプAとタイプB

同地区は、原発事故による避難指示区域に指定され、人口がゼロになった。徐々に交通機関や商店が戻り生活が再開され始めているが、人口は震災前の約3分の1程度。風評による被害も残り課題は山積みだが、同社は「ゼロからのまちづくりにチャレンジできる、世界的に見てもまれに見る最先端な場所」と見方を変え、地域の新しいコミュニティのひとつになるよう酒蔵とバーを開始。お酒というカジュアルな接点から、社会課題に思いを馳せるきっかけになればと考えている。

酒蔵では様々な副原料を使って、クラフトビールのような自由な醸造スタイルを追求。最初につくるホップを使った酒は、東北の一部地域に伝わっていたとされる伝統製法に基づいた「花酛(はなもと)」と呼ばれる製法を用いる。ビールに使われるホップの防腐効果を発酵初期に利用するという理にかなった製法だが、家庭でのどぶろくの製造が禁止されて以降、ほとんどつくられなくなった。今ではホップを使用した花酛をメインに製造する酒蔵は存在しないため、試行錯誤しながら味を追求していくという。

クラウドファンディングの返礼品は、日本酒の製法をベースに、異なるホップを用いて製造する試験醸造酒2種類をクラウドファンディング限定で届ける。また、そこから酒蔵のメインプロダクトを一緒に決めていく企画も行う。最新情報は公式Facebook等でも発信する。

【みんなで育てる酒蔵を目指し、クラウドファンディング】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る