想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

SDGs推進プロジェクト 障がい持つ従業員が生産したハーブを提供 森永乳業2020年9月28日

一覧へ

森永乳業は、SDGs推進プロジェクト「大丸有SDGs ACT5」主催のイベントで、同社の障がいを持つ従業員が生産したハーブを提供する。

SDGs推進プロジェクト 障がい持つ従業員が生産したハーブを提供 森永乳業

同社は、ダイバーシティ&インクルージョン推進の一環として、新卒・キャリア採用を問わず、多様なバックグラウンドを持つ人を採用。障がいのある従業員もそれぞれの個性を活かせる部署で、自身の能力を発揮している。

今回の"ダイバーシティ"を学ぶイベントでは、屋内型農園「森乳IBUKI藤沢ファーム」で障がいのある従業員が生産したハーブが、ハーブティーとして提供。こうした活動を通して、無農薬ハーブティーのおいしさとともに、同社の農福連携への取り組みを紹介する。

同社は、2018年を「ダイバーシティ元年」として、ダイバーシティ&インクルージョンの目的や優先施策を整理し、全社員に啓発する活動を行ってきた。また、2019年度より開始した中期経営計画の基本方針の一つには"ESGを重視した経営"を掲げており、重要取組課題の一つである"人権"の目標を達成するため、ダイバーシティ&インクルージョンの推進している。
その一環として、多様なバックグラウンドを持つ人財の登用や活躍できる環境を整備しており、取り組みを通して、SDGsの17の目標のうち「5.ジェンダーの平等を実現しよう」「8.働きがいも経済成長も」の達成への貢献をめざしている。

<イベント概要>
会場:micro FOOD&IDEA MARKET(東京都千代田区有楽町1-10-1有楽町ビル1F)

無農薬ハーブティーの試飲
日時:10月2日~8日  11時~17時
数量:100杯/日
料金:無料

無農薬ハーブのブレンド体験
日時:10月22日、23日
実施:各日3回 12時~12時30分(30分間)15時~16時、18時30分~19時30分(60分間)
定員:事前申し込み制 各回6人まで
料金:無料

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る