想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

神戸で都市農業を考える「FARM to FORK 2020」開催2020年9月29日

一覧へ

神戸市は10月をアーバンファーミング(都市農業)を考える月間として、第6回食都神戸DAY「FARM to FORK 2020」を10月30日~11月1日に開催する。

「FARM to FORK 2020」「FARM to FORK 2020」(クリックで拡大)

田園地域と瀬戸内海に囲まれた農漁業地域であり、港町として交易を中心に栄えてきた神戸市は、独自の多様な食文化が醸成されてきた。2015年からこの神戸のポテンシャルを活かして、世界に誇る食文化の都「食都神戸」の構築を推進。節目の2020年度は、アーバンファーミングをテーマに、都市住民にさらに「農」について考えてもらう機会を提供している。そのひとつとして、10月を「アーバンファーミングを考える月間」に設定。アーバンファーミングを実践する市内・海外の取り組みを紹介する動画や、ウェブアプリの開設、市内のアーバンファーマーを訪問するツアーを実施する。

「FARM to FORK 2020」は、「まちを耕そう」をキャッチコピーに、農や食に関するトークライブ、映画上映、音楽、茅葺きと触れあうワークショップなど、様々な角度から「食」と「農」を楽しみながら学べる場をめざす。

また、年間を通じて継続的に開催している「EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKET」に加え、市内のシェフたちが地産の食材を使用した料理を提供する「NIGHT MARKET」も同時開催する。

<開催概要>
日時:10月30日17時~21時30分、10月31日10時~20時、11月1日10時~15時30分

会場
:東遊園地 芝生広場(神戸市中央区加納町6-4-1)(神戸市役所南)

内容

・「アーバンファーミング」をテーマにゲストを招いたトークライブ
・「アーバンファーミングドキュメンタリー動画」披露
・芝生の上の映画上映会「いただきます2~ここは、発酵の楽園~」
・茅葺を使ったワークショップ
・地産の食が大集合!FARMERS MARKET&NIGHT MARKET同時開催

参加料:無料

問い合わせ:神戸市事業・イベント案内センター(電話)078-333-3372※年中無休 8時~21時

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る