想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

16年ぶりに「サシバ」が営巣 豊田市自然観察の森で確認 日本野鳥の会2020年10月14日

一覧へ

自然保護団体の日本野鳥の会は、2003年度から管理運営している愛知県豊田市の自然観察の森で、環境管理活動により16年ぶりにサシバが営巣したことを確認した。

生き物が豊富な里山環境の指標となるサシバ(タカ目タカ科サシバ属 全長約41cm)生き物が豊富な里山環境の指標となるサシバ(タカ目タカ科サシバ属 全長約41cm)

里山生態系の頂点に位置するタカの仲間サシバは、生き物が豊富な里山環境の指標となる。そこで観察の森では、2003年度に周辺の里山124.5ヘクタールが管理地に含まれたのを機に、サシバを保全目標種とする里山保全事業「サシバのすめる森づくり」を2005年にスタートさせた。

具体的にはサシバの餌となるカエルやヘビを増やすため、計1万2931ヘクタールの休耕田を整備し、水を張ることでカエルの産卵場所を確保。また、餌資源の変化を知る指標としてニホンアカガエルの卵塊カウント調査も行っている。

今年6月に管理地内で巣を発見し、ペアが2羽の雛を育てているのを確認。これは16年ぶりの営巣で、長く続けてきた保全事業の成果と言える。

一旦繁殖が途絶えて後に環境保全活動により復活したのは、全国的にも非常に珍しい例だという。

サシバは、東北地方以南に夏鳥として渡来する中型の猛禽類。南西諸島からフィリピンなどで越冬し、おもにトノサマガエルやニホンアカガエルなどの両生類、シマヘビやニホンカナヘビなどの爬虫類、ヤママユガの幼虫やトノサマバッタなどの昆虫類、小型哺乳類などを食物としている。東日本でサシバの生息地の多くは谷津田や谷戸と呼ばれる里山環境。サシバの行動圏は約100~200ヘクタールで、水田と森林の接する長さが長い環境を好む。

豊田市自然観察の森の営巣環境豊田市自然観察の森の営巣環境

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る