想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

伊那市で森の価値を再発見する官民連携の実践型スクール開校2020年10月23日

一覧へ

INA VALLEY FOREST COLLEGE協議会は、伊那市と協働で森の価値を再発見・再編集する実践型スクール「INA VALLEY FOREST COLLEGE」を開講する。持続可能な社会に向けたアクションに興味がある人や、ローカルで生業を作りたいという人を対象に、様々な業界で活躍する講師と森と人とのこれからの関わり方を考える。初年度となる今回は、オンライン開催で、10月22日から申込の受付を始めた。

伊那市で森の価値を再発見する官民連携の実践型スクール開校

森は、地球の循環システムの中で非常に重要な役割を担っているが、森林が持つ重要性の高さに反し、そこに関わる人の数も関心を寄せる人も少ないのが現状だ。同スクールは、「森に関わる100の仕事をつくる」をキーワードに、林業経営者だけでなく、まちづくりや建築、ものづくり、教育など、様々な業界で活躍する人を講師に招き、伊那市で活躍している地域のプレーヤーとクロストークを展開し、森の可能性を追求する。また、通常講座に加えて、実際に伊那谷で動いているプロジェクトに、オンラインコミュニティ上で自由に関わってもらう課外授業も用意。森や地域をフィールドに、プロジェクトチーム型のワークショップ、レクチャー、トークセッションなどを通して、森の課題解決につながるソーシャルビジネスの創出をめざす。

講座が開かれる長野県伊那市は、市の約80%を森林が占める森林都市。豊かな森林を活かして、多面的な価値を享受できる社会をつくろうと平成28年に「50年の森ビジョン」を掲げ、「ソーシャルフォレストリー都市宣言」を行っている。
講座は、11月21日~2月27日の計7回で、定員は40人。参加費無料。申し込み受付は、11月17日まで。

【INA VALLEY FOREST COLLEGE】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る