Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新潟のお米を味わい尽くすコンセプトショップ開催 銀座ロフト2020年10月23日

一覧へ

銀座ロフトは11月1日から8日まで、米の産地として有名な新潟県のお米にまつわる食品や甘酒などを集めたコンセプトショップ「WITH RICE SHOP」を開催。新米の季節に、新潟県で作られた米菓や甘酒、発酵食品や調味料などを集め、お米の魅力をさまざまな角度から引き出す。

新潟のお米を味わい尽くすコンセプトショップ開催 銀座ロフト

「WITH RICE SHOP」では、「お米と一緒に楽しむ食べ物」として発酵食品、肉味噌など約40種類と、「お米でできた食べ物」である米菓、ラスク、甘酒など約60種類をラインアップ。全国初の販売となるお米のお菓子も登場し、ジェラートと米菓を組み合わせたオリジナルパフェや甘酒を使ったスムージーなどお米の新しい楽しみ方を提案する。

主な商品としてお米と楽しむ食べ物では、ヘルシーで保存もきくことから人気が高まっている発酵食品の中でも、お米と相性の良い「月岡あさご飯シリーズ」(778円)、「村上牛にく味噌シリーズ」(778円)など40種類を販売。お米でできた食べ物では、レモン、ストロベリー、ルレクチェ、グリーンティの味から選べる「フルーツライスクラッカー」(497円)が全国で初めて銀座ロフトに登場。人工甘味料を使わずに、生の果物を皮ごと使用して作ったライスクラッカーだ。

また、「にいがた柿の種プロジェクト」として、新潟県の米菓メーカー5社が協力し、それぞれの特色を生かした「柿の種」17種類をラインアップ。このほか、新潟県でしか栽培できない、甘みが強く栄養素が高い幻の古代米と呼ばれる紫黒もち米「紫宝」で作った黒米ラスクや、麹だけでつくったあまさけ「浮き麹あまざけ」(389円)もおすすめだ。

紫黒もち米「紫宝」で作った「HIEN 黒米ラスク/黒米低糖質ラスク」紫黒もち米「紫宝」で作った「HIEN 黒米ラスク/黒米低糖質ラスク」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る