想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

福島特産の献上柿「会津みしらず柿」受付開始 裏磐梯グランデコ東急ホテル2020年10月25日

一覧へ

裏磐梯グランデコ東急ホテルは、福島県を代表する特産品「会津みしらず柿」を、11月20日までの期間限定で東急リゾーツ&ステイ公式通信販売サイト「逸品おとりよせ」で申込受付を始めた。

福島県を代表する特産品「会津みしらず柿」福島県を代表する特産品「会津みしらず柿」

「身不知柿」と書く「みしらず柿」の名前の由来は諸説ある。その一つが、枝が折れそうになるほどたくさんに大粒の実をつけることから「身の程知らずな柿」であること。二つ目は、この柿を将軍に献上したところ、「未だかかる美味しい柿を知らず」と大いに賞賛されたこと。三つ目は、あまりに美味しいので我が身も考えずに食べすぎてしまう柿であることで、いずれの説も「みしらず柿」の美味しさから生まれた。

同ホテルでは会津地方をはじめ福島県の旬なフルーツや野菜などを厳選し、地域の味を自宅で最も美味しい時期に食べられるよう通信販売している。中でも人気の「会津みしらず柿」は、会津地方を代表する特産品で、毎年秋に皇室へ献上される贅沢な逸品だ。

申込締切は11月20日まで。11月下旬発送予定。価格は、1.6kg/3L (約6個)4200円、4.5kg/2L (約18個)4900円、2.8kg/4L(約9個)5200円。いずれも送料込、税込。

【逸品おとりよせサイト】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る