想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

花のサブスク(定額サービス)体験モニター募集 ブランド総合研究所2020年10月27日

一覧へ

(株)ブランド総合研究所は、農林水産省の「令和2年度花きの新需要開拓につながるビジネスモデル事業化可能性調査事業」の一環として、家庭で花を飾る、大切な人に花を贈るなどの体験モニターを募集する。2つのコース合計80人の募集で無料。

花のサブスク(定額サービス)体験モニター募集 ブランド総合研究所募集コースはA、Bの2コースあり、応募対象は「お花は好きだけれど、なかなか買いに行けない」、「お花に興味はあるが、自分では選びづらい」という方や、「大好きな家族に、感謝の気持ちとともに花をプレゼントしてみたい」など。

Aコースは、「自宅で季節の花を受け取ろう!花のサブスクリプション体験」で定員60人。12月に1回、1月に1回の計2回、季節の花束を自宅に届ける。生花店で1300~1500円程度で購入できるボリュームで、種類、色等は選べない。
応募条件は、以下の(1)~(3)すべてに該当する人のみ有効。

(1)東京都区部で以下の地域に居住する人

品川区、大田区、渋谷区、目黒区、文京区、台東区、荒川区、墨田区、中野区、新宿区、豊島区
(2)不在時には、玄関前や集合住宅廊下などに置き配に同意できる人
(3)1月中旬に案内するアンケート(WEB上)への回答に同意する人

Bコースは、「大切な人に季節の花を贈ろう!花の贈答体験」で定員20人。12月中に1回、贈答用のラッピングをした季節の花束を、指定の場所に配送。生花店で2000~3000円程度で購入できるボリュームの、切り花のブーケで、種類、色等は選べない。応募条件は、以下の(1)(2)両方に該当する人のみ、有効。

(1)送り先の住所が本州・四国・九州であること※北海道・沖縄県・離島への配送は不可

(2)1月中旬に案内するアンケート(WEB上)への回答に同意する人

応募は、A・Bコースいずれも、以下の募集要項ページ(地域ブランドNEWS内)から。募集締め切りは、第1次が10月29日正午、第2次は、11月4日正午を予定。
問い合せは、お花の体験モニター募集事務局(電話)03-3539-3011。

【季節の花を飾ろう!贈ろう!モニター募集要項(地域ブランドNEWS)】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る