想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品廃棄物によるバイオガス発電で電力調達 コープみらいとコープデリ2020年12月2日

一覧へ

生活協同組合コープみらいとコープデリ生活協同組合連合会は12月1日、ニューエナジーふじみ野(NEFC)と地球クラブが「再生可能エネルギー電気特定卸供給の承諾等に関する契約」を締結したことを受け、食品廃棄物を原料としたバイオガス発電による電力の調達を始めた。

食品廃棄物によるバイオガス発電で電力調達 コープみらいとコープデリ

NEFCは、三菱マテリアルの連結子会社として2018年5月に設立され、9月4日からバイオガス発電プラントの営業運転を始めた。コープみらいとコープデリ連合会は、2019年10月にNEFCへ出資し、地域における再生可能エネルギーの創出・調達に参画している。NEFCで創出する再生可能エネルギーは、地球クラブを通じて、コープみらい、コープデリ連合会に供給。食品廃棄物から再生可能エネルギーを創出し、得られたエネルギーを排出元へ供給するという循環型リサイクルシステムの構築が可能となる。

コープみらい、コープデリ連合会ではこの電力を、店舗、宅配センター、物流施設等の電源の一部として活用するほか、「コープデリでんき」の再生可能エネルギーで発電されたFIT電気を約95%使用する「FIT電気メニュー」として組合員に供給する。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る