Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全国学校給食甲子園 佐賀市の給食センターが21世紀構想研究会特別賞2020年12月14日

一覧へ

葉隠勇進(株)が運営を受託している佐賀市富士学校給食センターが、「第15回全国学校給食甲子園」で、「21世紀構想研究会特別賞」を受賞した。

第15回全国学校給食甲子園で「21世紀構想研究会特別賞」を受賞した佐賀市富士学校給食センター

第15回全国学校給食甲子園で「21世紀構想研究会特別賞」を受賞した佐賀市富士学校給食センター

全国学校給食甲子園は、食育の啓発と地産地消の推奨、地域の活性化を目的とし、全国の学校給食で提供されている献立を競う大会。15回目となる今回は、応募総数1412件の中から4回の審査を経て、各ブロックから12代表が選出。12月5日に決勝戦が行われ、今年の決勝戦では、学校栄養士と調理員がペアを組んで実際に調理をする「調理コンテスト」の代わりに、オンラインで「食育授業コンテスト」が実施された。

佐賀市富士学校給食センターは、佐賀市富士町にある給食センターで、佐賀市内7校の小学校に給食を提供。今大会には栄養教諭の佐賀県学校栄養士会から百武裕美氏と調理員として同社の江里口陽子氏が出場した。

提出した献立は佐賀県産、富士町産の食材がふんだんに使われており、地場産の食材を多く生かして色々な味わいを感じることができる工夫がなされている点や、富士町産のお茶を使用したユニークなふりかけなどが高く評価された。

また、決勝戦の「食育授業コンテスト」では、富士町産のほうれん草としいたけの説明を中心に授業を行い、地元地域の魅力をわかりやすく伝えた。

「21世紀構想研究会特別賞」の献立「21世紀構想研究会特別賞」の献立

◎「21世紀構想研究会特別賞」の献立
・麦米飯
・牛乳
・富士町産なすとトマトのみそグラタン
・富士町産ほうれん草の・佐賀のり和え
・白玉団子汁
・富士町苣木茶のふりかけ

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

イソクラスト:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る