想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

岐阜県安八郡に「空中いちご農園」オープン CFで運用資金募集 ととりべファーム2021年1月19日

一覧へ

いちごの6次産業化に取り組む(株)ととりべファーム(岐阜県揖斐郡大野町)は1月4日、東海地方初の「空中いちご農園」を岐阜県安八郡にオープン。運用資金を募るため、2月14日までクラウドファンディングのプロジェクト「農家だけが知る『本物の完熟いちご』を岐阜県からお届け!」を「Makuake」で実施している。

1月オープン空中いちご狩り施設1月オープン空中いちご狩り施設

同社が扱ういちごは「かおりの」「よつぼし」「やよいぼし」の3品種。いずれもブランドが付いた高値で取り引きされる品種ではなく、トレンドの「大きくて、とにかく甘い」品種でもないが、それぞれ良さがあり、甘味と酸味のバランスを見定めた適切なタイミングに収穫すれば高級ブランドいちごにも引けを取らない美味しさがある。同社は「高いから美味しいとは言い切れないことを体感していただけるこだわりのいちご」として、農家の知る「本当に美味しいいちご」を届けするにはどうしたら良いかという課題から同プロジェクトを始めた。

クラウドファンディングは、2020年12月25日から始まり、2日で当初目標に掲げた50万円を達成。現在はストレッチゴールとして120万円をめざしている。同プロジェクトで集まった資金は1月オープン予定の「空中いちご農園」の内装に活用する。

「空中いちご農園」は、オランダで開発された最先端技術を取り入れたハウスで、光合成がより盛んに行われるため、いちごの育ちが良い。光合成が活発に行われる条件の1つが「湿度」だが、同ハウスでは、同じ栽培面積下でより多くの作物を栽培するため、植物の葉から植物内部の水分を空気中に放出する「蒸散」によって放出される水分が多くなり、より光合成が起きやすい。また、頭上で水耕栽培を行っているため、地面に障害が少ない設計。地面に土はなく、土で汚れることもないため来園する際はファッションにこだわって「映える」風景を写真に残すことができる。

空中いちご農園は、60分3種食べ比べで大人(小学生以上)2500円、幼児(3歳~小学生未満)は1500円。

【「農家だけが知る『本物の完熟いちご』を岐阜県からお届け!」】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る