想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大根農家を救う支援プロジェクト「大根ポタージュde元気」発売 横浜ベイシェラトン2021年1月21日

一覧へ

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズは、コロナ禍で出荷量が大幅に減った農家を救う支援プロジェクト「HOPE FOR SMILE」を始動。食品ロス削減貢献商品として神奈川県三浦半島特産の大根で作った「大根ポタージュde元気」を1月20日からオンラインショップで販売を始めた。

新商品「大根ポタージュ de 元気」新商品「大根ポタージュ de 元気」

プロジェクトでは、新型コロナウイルスの影響で、神奈川県三浦半島特産の大根の出荷量も大幅に減少。良質な大根を廃棄せざるを得ない生産者を救済する。

新商品「大根ポタージュ de 元気」は、同ホテル洋食総料理長の磯貝徹氏が考案。製造・販売にあたり、三浦半島で大根農家を運営する広瀬農園を同ホテルの幹部らと訪ずれ、廃棄予定だった新鮮な大根を農家から直接購入する際、実際に大根掘りを体験し、食品廃棄への苦悩を目の当たりにした。

取り組みにより新商品を一人でも多くの人々に食べてもらうことで、商品開発の背景や、その素材の美味しさについても認知を拡大。今後は、同プロジェクトに賛同する広瀬農園のほか、三浦市で農業を営む三留農園や石井農園で収穫される大根も使い、支援の輪を広げていく。

また、チャリティー活動の一環として、医療の最前線で活躍する医療従事者へ感謝の意を表し、新型コロナウイルスに負けない元気をメッセージに込めて「大根ポタージュ de 元気」と、同ホテル内の日本料理「木の花」の「特製風呂吹き大根(非売品)」を合わせて計700食分を無償で提供する。

「大根ポタージュ de 元気」は、1パック(2食分)で540円(税込、送料別)。

広瀬農園でホテル幹部らが大根掘りを体験した広瀬農園でホテル幹部らが大根掘りを体験した

【ホテル公式オンラインショップ】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る