想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

希少な「モルー種」の搾りたてオリーブオイル 数量限定で発売 日本オリーブ2021年2月22日

一覧へ

スペインに自社オリーブ園を持つ日本オリーブ(株)は、2020年秋冬収穫分のオリーブオイル「エキストラバージンオリーブオイル トルトサ」を2月21日から、全国で数量限定で発売した。

スペインのトルトサ農園スペインのトルトサ農園

同社は1992年にスペインのカタルーニャ州タラゴナ県トルトサ市郊外に自社農園を取得して以来、高品質なオリーブオイル作りに取り組み、2015年には地元品評会で総合1位を受賞。この季節は希少な品種の搾りたてを新油で味わえる。

エキストラバージンオリーブオイル トルトサエキストラバージンオリーブオイル トルトサ

「エキストラバージンオリーブオイル トルトサ」は、スペインの自社農園で、地域伝統の希少品種「モルー種」だけでつくられた最高グレードのオリーブオイル。同地域で伝統的に栽培されてきた「モルー」種は、りんごの香りが快く、甘みもあり、日本人好みの風味が特徴。最適熟度を見計らって収穫し、8時間以内に搾油をした新油を日本に持ち帰り、厳しく品質検査を行い、岡山県牛窓町の自社工場で瓶詰めをしている。

コロナ禍で、2020年秋の収穫期は日本から現地に行くことはできなかったが、現地日本人スタッフを通じて管理を詳細に把握しながら、オリーブオイルづくりに励んだ。今年は、程よく熟したリンゴ、バナナ、トマト、ナッツの風味のハーモニーが豊かで、特に甘いりんごの香り、フルーティさ・快い苦みと辛みのバランスが良く、幅広い料理に使いやすい仕上がりとなっている。

「エキストラバージンオリーブオイル トルトサ」は、450g1本箱入り3240円、同450g2本箱入りで6480円。いずれも税込。直営店(牛窓オリーブ園内売店等)、全国の特約店と公式HPで販売。電話による取り寄せは(フリーダイヤル)0120-300-612(平日9~18時、土曜9~17時、日祝休み)。

【エキストラバージンオリーブオイル トルトサ】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る