想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アクアポニックス試験農場「湘南アクポニ農場」神奈川県藤沢市に開設2021年2月24日

一覧へ

(株)アクポニ(神奈川県横浜市)は2月14日、アクアポニックスの生産設備の展示、試験栽培、研修などを目的としたアクアポニックス農場を神奈川県藤沢市に開設。SDGsの理念に基づくアクアポニックス栽培・養殖の実践、IT&IoTを活用したスマート農業/養殖の研究施設で、毎週水曜日に一般公開している。

アクアポニックス試験農場「湘南アクポニ農場」神奈川県藤沢市に開設

アクアポニックスは、淡水養殖と水耕栽培を組合せた農法。湘南アクポニ農場は、SDGsの理念に基づく環境負荷の少ない循環型農業として世界で注目を集め、日本国内でも徐々に認知度が高まっているアクアポニックスの普及を目的とした施設で、アクアポニックスの知識や技術を学べる施設と研修プログラム(アカデミー)を提供する。

農場施設内では、栽培/養殖を実際に行っており、実物の栽培施設を見学して理解を深めることや、生産のための技術を習得。また、国内での普及を進めるための研究や実証実験の場としての活用を進める。具体的には、日本の環境や市場に適した「品種の試験栽培/養殖」、ITシステムやIoT機器を用いた「スマート農業/水産養殖の検証」と「研修施設」。また、CO2などの温室効果ガスの排出削減に寄与する『実証施設』としての活用する。研究についてはパートナーとなる企業、団体、地域からの利用も想定し、連携や共同研究も進めていく予定。

アクアポニックスの循環の仕組みアクアポニックスの循環の仕組み

<施設の特徴>
1.用途の異なるアクアポニックスの栽培設備をパターンごとに展示
・スタートアップモデル(LED型)
・オフグリッドモデル(太陽光型)
・点滴栽培(太陽光型)
・養液栽培とアクアポニックスの切換モデル(太陽光型)※特許取得済

2.生産(栽培/養殖)を行い、実験や研修も可能
生産品種
野菜:葉物野菜、果樹、など
魚:いずみ鯛(ティラピア)、オニテナガエビ、鯉、チョウザメなど

3.IoT設備、ITによる管理システム
・スマホアプリや環境センサー/Webカメラによる記録や管理を実施し、遠隔からのアクセスも可能
・導入されたIT/IoTシステムの試用や研修
・新規のシステムの実験環境としての利用が可能(導入済みの既存システムとの連携も検討可)

4.CO2などの温室効果ガスの排出削減
・太陽光発電の利用
・肥料効率向上(魚の飼育水や排泄物を農場外へ一切排出することなく肥料へ分解して野菜

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る