JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

「かぼちゃ」の収穫作業を軽労化 加工業務用かぼちゃ収穫機を開発 ヤンマーアグリ2021年3月19日

一覧へ

ヤンマーアグリは訓子府機械工業(株)と共同で、トラクター牽引式の加工業務用かぼちゃ収穫機「KYP900」を共同開発し、9月1日から北海道地区でモニター販売を実施する。

加工業務用かぼちゃ収穫機「KYP900」加工業務用かぼちゃ収穫機「KYP900」

重量野菜のかぼちゃの収穫作業は機械化が進んでおらず、茎葉とかぼちゃを切り離す作業から鉄コンテナへの収容作業に至るまで、ほとんどが手作業で行われている。生産者の高齢化も進んでいることから、こうした重労働を担える作業者の確保が困難であるため、作付面積・生産量は減少傾向にある。そこで、ヤンマーアグリは、かぼちゃ収穫作業の軽労化を図るため、訓子府機械工業と共同で開発した加工業務用かぼちゃ収穫機のモニター販売を行う。

「加工業務用かぼちゃ収穫機KYP900」は、茎葉を切り離しうね上で風乾したかぼちゃを、拾い上げ選別し、鉄コンテナに収容する。手作業に比べ約3倍の作業能率で収穫でき、うね上で風乾しておいたかぼちゃを、コンベアとパドルで拾い上げ、傷つけることなく搬送・収容する。

選別・鉄コンテナへ収容選別・鉄コンテナへ収容

また、コンベア先端部に配置した回転刃で茎葉を切断するため、収穫機へ茎葉が絡みつかず、収穫作業がスムーズ。チルト機構により、収容用鉄コンテナの角度を調整でき、鉄コンテナに収容される時のかぼちゃへのショックを和らげ、傷や割れなどを軽減する。

適応するほ場は、うね間2500mm以上でマルチ栽培の場合は生分解マルチの使用が必要。作業者数はトラクターのオペレーター1人、選別作業者1~2人。トラクター適用馬力は60ps以上。今年度は、北海道地区限定のモニター販売のみ。メーカー希望小売価格は、486万円(税別)。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る