Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「食品寄贈ボックス」埼玉県内で新たに8店舗設置 コープみらい2021年4月8日

一覧へ

コープみらいは、地域のフードバンク事業を担う団体と協力し、家庭で使わずに保管された食品を寄贈できるフードドライブ専用「食品寄贈ボックス」を新たに埼玉県内8店舗に設置した。

コープ店内に設置された「食品寄贈ボックス」コープ店内に設置された「食品寄贈ボックス」

「食品寄贈ボックス」は、今回新たにコープ北本店、コープ指扇店、コープ北越谷店、コープ東岩槻店、コープ幸町店、コープ新所沢店、コープ狭山台店、コープ武蔵藤沢店の8店舗に設置。すでに埼玉県内で常設している5店舗(コープ春日部店、コープ浦和東店、コープ武蔵浦和店、コープ熊谷店、コープ深谷店)と埼玉県内8か所の組合員施設「コーププラザ」を合わせると、計21か所となる。

食品寄贈ボックスには、2017年9月の開始から3月までに6318キロの食品の提供があった。回収した食品は、これまで連携している「フードバンク埼玉」に加え、新たに「フードバンクネット西埼玉」、「フードバンクいるま」、「志木市基幹福祉相談センター」の3団体と協力し、支援を必要としている人へ無償で提供される。また、志木市役所との連携は自治体では今回が初となる。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る