Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

口に入れても大丈夫 米と野菜から生まれた「おやさいクレヨン」誕生2021年4月15日

一覧へ

環境に配慮した製品を作るブランド「mizuiro.inc」は、米と野菜からできた安心安全なクレヨン「おやさいクレヨン」をクラウドファンディングの「キックスターター」で紹介している。

色の名前は原材料のやさいから!「きゃべつ」「ごぼう」など色の名前は原材料のやさいから!「きゃべつ」「ごぼう」など

「おやさいクレヨン」は、子どもが口に入れても問題ないように、母親がDIY精神で作ったクレヨン。玄米の精米時に発生する「米ぬか」から採れる液体状の「米油」と、固形の「ライスワックス」を原材料に作られている。「野菜そのもの」の色であることから、「緑色」や「黄色」ではなく、「きゃべつ」や「にんじん」など野菜の名前が色に付けられている。

クレヨンを手にして、色を塗ると、馴染みある野菜の香りがほんのりと立ち上がり、少しザラザラとした描き心地は、土や野菜を触ったときの感触を思わせる。野菜は、地元青森県産を主に使い、市場に流れない「規格外品」や「端材」をできる限り活用することで、食品循環をめざしている。

JIS規格と欧州玩具規格のEN71-4もクリアしており、クラウドファンディングでは、日本発のエコ製品を欧米に広めるため、英語表記パッケージなどの製作資金として、100万円を支援目標額として募っている。500円から支援でき、2000円でクレヨンセットとオリジナルポストカードが送られる。

【子どもが口に入れても大丈夫!「おやさいクレヨン」 】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る