JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

三重県の玉城町で里地里山の保全・再生の取組に関する協定書締結2021年4月27日

一覧へ

京セラドキュメントソリューションズの三重玉城工場は、三重県の玉城町役場で、環境保護団体「清(すが)し有田佐田沖環境保全会」と里地里山の保全・再生の取組に関する協定書を締結した。

玉城町役場で行われた協定締結式。 左から、玉城町の辻村町長、 京セラドキュメントソリューションズ三重玉城工場長の西村氏、 清し有田佐田沖環境保全会の大藪会長、三重県伊勢農林水産事務所長の太田氏玉城町役場で行われた協定締結式。
左から、玉城町の辻村町長、
京セラドキュメントソリューションズ三重玉城工場長の西村氏、
清し有田佐田沖環境保全会の大藪会長、三重県伊勢農林水産事務所長の太田氏

同社は、2020年から環境保全活動の一環として「清し有田佐田沖環境保全会」が推進しているビオトープ再生活動に参加。このほど、三重県が推進している農山漁村の活性化事業「三重のふるさと応援カンパニー推進事業」にビオトープ再生活動が認定されたことから、三重県知事と玉城町長を立会人とし協定書が締結された。

活動への参加当初、谷地にある田んぼである"谷津田"は、機械化に対応できず作業が過酷であるため10年以上放置され、伏流水が常時浸みだす環境下でハンノキやササ類が繁茂する湿地帯となっていた。現在は除草・間伐や植物の植え付け、水路の整備により、ビオトープとして順調に整備が進んでいる。

また、2018年から始まった生物調査の結果、絶滅危惧種としてレッドリストに登録されている希少動植物の生息を多数確認。今後、希少動植物の研究や環境学習の場としての活用が期待される。ビオトープの再生と並行し、子どもたちが安全に環境に配慮して学習できるよう、湿地帯に材木を組んだ歩道の整備を進めている。

ビオトープとして整備された田んぼビオトープとして整備された田んぼ

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る