生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
ベリマークSC:FMC(PC)センター
バイエルクロップサイエンス:SP

行田市の田んぼアート収穫米で「カレーうどん」製造 尾西食品2021年5月27日

一覧へ

尾西食品株式会社(東京都港区)は、ギネス世界記録に認定された「世界最大の田んぼアート」(面積2万7195平方メートル)を作る行田市農政課が運営する「田んぼアート米づくり体験事業推進協議会」と、「Edible Artプロジェクト」(=食べられる芸術プロジェクト)を展開。田んぼアートから収穫する米を使い、同社の技術を活かしたアレルギー対応の長期保存可能な米粉めんの「カレーうどん」を製造する。

「田んぼに甦るジャポニスム~浮世絵と歌舞伎~」「田んぼに甦るジャポニスム~浮世絵と歌舞伎~」

田んぼアートのデザインを施したカレーうどんのパッケージ田んぼアートのデザインを施したカレーうどんのパッケージ

同プロジェクトは、「田んぼアート米づくり体験事業推進協議会」の取組みを発展させ、コロナ禍による「米余り」などフードロス問題などの解決をめざすもの。世界最大の田んぼアートを実施できる行田市で「田んぼアート」をデザインし、日本の魅力を国内外に伝える。さらに収穫した埼玉県の米「彩のかがやき」は米粉に加工し、「長期保存可能なカレーうどん」にすることで、様々なイベント出の配布や防災の啓発品などに活用される。

田んぼアートは、「田んぼに甦るジャポニスム~浮世絵と歌舞伎~」をテーマに「浮世絵」と「歌舞伎」を描き、「田んぼ×文化芸術」という新しいジャポニスムを見せる。見頃は7月中旬~10月中旬。なお、同事業は、令和3年度日本博イノベーション型プロジェクトに採択されている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る