Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

生産者が夏休みの自由研究をサポート 新サービス開始 ポケットマルシェ2021年7月8日

一覧へ

全国の農家や漁師などの生産者と消費者をつなぐ産直アプリ「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェ(岩手県花巻市)は、生産者が先生となり、小学生に夏休みの自由研究をサポートするサービス「ポケマル自由研究サポート」を開始。食や一次産業、環境問題に関する子どもの理解を深め、より関心を持ってもらうこと目的としている。

生産者が夏休みの自由研究をサポート 新サービス開始 ポケットマルシェ

小学生の夏休みの宿題に「自由研究」があるが、小学生の子供を持つ保護者を対象とした日本能率協会の調査では、子どもの自由研究で「親として何が最も不安か?」という問いに、半数の保護者が「子供が自分の力でやりきれるかどうか」、22.8%の保護者が「親がどういうサポートをしたらよいか」と回答している。

同社は、食に関して豊富な知識を持つ生産者と子どもたちを直接つなぐことで、自由研究の進め方に悩む家庭をサポートできると考え、同サービスを立ち上げた。生産者から直接レクチャーを受けることで、参加した子どもたちが、食材の特徴を知るだけではなく、食や一次産業、環境問題への理解を深め、継続的に関心を寄せるようになることを期待している。

サービスは、教師経験のある生産者を含む3人の生産者が、小学生を対象に夏休みの自由研究をサポート。「生産者によるオンラインレクチャー」と、レクチャーで使用する食材がセットになったもので、正解を教えるだけではなく、小学生が自身で食や一次産業について考えを深める機会を提供する。同サービスは、3000円(税込・食材送料別)で、ポケットマルシェ上で対象商品を注文すると利用できる。

<サービス・生産者概要>
■お茶の力ってそんなにすごいの?自分の目で、お茶の「抗菌」効果を調べよう!
内容:
・ヨーグルトを用いて、寒天培地を使ったお茶の抗菌実験
・1週間毎日観察してお茶の抗菌作用を調べる方法を説明
・抗菌作用以外の健康効果についても説明
日程:7月21日19:00〜20:00予定、8月8日13:30〜14:30予定
生産者:藤尾暁子さん(京都府舞鶴市)
参加可能人数:各回30人程度
申し込み締切:各回3日前までを予定

■同じ「豆」なのに、地上と地中、育つ環境が違うのはなぜ?元理科の先生と学ぶ、植物の成り立ちのふしぎ!
内容:
・スライドや実物の観察を用いて、落花生と枝豆の生態についての説明
・豆科植物の生態や観察結果を通して、日本の農業の在り方や、土壌環境や生態系との向き合い方を一緒に考える
日程:8月7日10:00〜11:30、14:00〜15:30予定、8月8日10:00〜11:30、14:00〜15:30予定、8月9日10:00〜11:30、14:00〜15:30予定
参加可能人数:各回5人程度
申し込み締切:各回3日前までを予定
生産者: 梅津裕一さん(千葉県白里市)

■うちのゴミ事情が、世界の課題にもつながってる?30カ国を見てきた先生と、家庭の、日本の、世界のゴミ問題を考えよう!
内容:
・スモーキーマウンテン等の映像や他資料を投影しながら、野菜から考えるゴミ問題を提起
・なぜ目の前の野菜セットがゴミ問題の解決につながるかを説明
・家庭から始められることを参加者の方々と一緒に考える
レクチャー日程:8月1日13:00〜14:00予定
参加可能人数:30人程度
申し込み締切:3日前までを予定
生産者:鴨志田純さん(東京都三鷹市)

【ポケマル自由研究サポート】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る