Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

諏訪の「御湖鶴」が世界一 「IWC」で「チャンピオン・サケ」受賞2021年7月20日

一覧へ

磐栄ホールディングス株式会社(福島県いわき市)は、子会社の磐栄運送が運営する日本酒ブランド「御湖鶴(みこつる)純米吟醸山恵錦」が、世界最大級のワイン品評会「International Wine Challenge」の日本酒部門で世界一となる「チャンピオン・サケ」を受賞したことを発表。7月5日に長野県・下諏訪町の諏訪御湖鶴酒造場で授賞セレモニーが行われた。

「チャンピオン・サケ」を受賞した「御湖鶴純米吟醸山恵錦」「チャンピオン・サケ」を受賞した「御湖鶴純米吟醸山恵錦」

IWCは世界で最も影響力を持つとされるワインの品評会で、今年は、日本酒部門である「SAKE部門」に世界中の酒蔵から1499銘柄が出品された。9つのカテゴリーがあり、純米吟醸の部に出品された317銘柄のうち上位20銘柄が金賞となり、「御湖鶴純米吟醸山恵錦」は、金賞の中でも最も優れた1点に贈られる純米吟醸トロフィーを獲得。さらに、その各部門におけるトロフィー受賞酒の中から、一銘柄に贈られる日本酒部門の最優秀賞である「チャンピオン・サケ」を受賞した。

受賞酒の「御湖鶴純米吟醸山恵錦」は、長野県で開発された酒造好適米「山恵錦(さんけいにしき)」を使用。主催者からは「フルーツを想わせる香りが際立ち、繊細でまとまりのある舌触り」と評価された。諏訪御湖鶴酒造場は一時途絶えたがコロナ禍に立ち向かい、復活から3年で世界一の称号を手に入れた。

7月5日に諏訪御湖鶴酒造場で行われた授賞セレモニーでは、IWC日本事務局から「チャンピオン・サケ」の記念トロフィーを授与。諏訪御湖鶴酒造場の杜氏、竹内重彦さんは「嬉しさと驚きが半々で混乱している。それでも、新生御湖鶴として創業3年目で、評価されたのは素直に受け止めたい。トロフィーの重さを感じ、喜びとともに身の引き締まる思い。今後もスタッフ一同、更なる酒質向上を目指し研鑽を積んで参ります」と話した。

「御湖鶴純米吟醸山恵錦」は現在、品切れで、8月中旬の販売に向けて現在仕込みを行っている。発売日などの情報は、公式ホームページで案内している。

7月5日に諏訪御湖鶴酒造場で行われた授賞セレモニー7月5日に諏訪御湖鶴酒造場で行われた授賞セレモニー

【御湖鶴】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る