JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

山形県上山市の凍霜被害さくらんぼ農家を支援「きふと、」活用開始 ふるさとチョイス2021年7月29日

一覧へ

山形県上山市とふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンクは7月28日、東北地方を4月に襲った凍霜害の被害を受けた市内のさくらんぼ農家のため、思いやり型返礼品プロジェクト「きふと、」を活用した支援を開始した。

凍霜害被害にあった上山市内の「さくらんぼ」凍霜害被害にあった上山市内の「さくらんぼ」

取り組みでは、2019年2月に群馬県前橋市、岩手県北上市、トラストバンクの3者で始めた「思いやり型返礼品」を紹介するプロジェクト「きふと、」を活用し、凍霜害によりさくらんぼの収穫ができなくなった農家支援の寄付を募る。

上山市では、4月の凍霜害により、雌しべの大半が枯死し、さくらんぼ農家によっては100本近い樹から数粒しか収穫ができないなど甚大な被害が出た。「きふと、」は、お礼の品を選べる新しい社会貢献のかたちとして、自分のためではなく誰かの役に立つお礼の品を紹介。上山市の取り組みでは「災害復旧支援型」を採用し、寄付に対するお礼の品はなく、寄付金のうちお礼の品相当分が対象の事業者・生産者の災害復旧支援金に充てられ、残りは、自治体が産業振興分野(農林施策)に活用する。

寄付者は、上山市のページで「思いやり型返礼品(災害復旧支援型)」の品を選んで寄付することで、被害にあったさくらんぼ農家を直接支援できる。寄付金額は1万円から。寄付の対象となる生産者は、さくらんぼをはじめ、ラ・フランスや柿など、幅広い果物を栽培している「遠藤果樹園」、上山発祥品種の大将錦を中心に、さくらんぼメインを栽培する「さくらんぼ大将」、さくらんぼをはじめ、スモモや桃にスイカ、柿など様々な果物を栽培する「くるまや農園」で、対象の生産者は随時追加予定。

山形県上山市の凍霜被害さくらんぼ農家を支援「きふと、」活用開始 ふるさとチョイス

【上山市の事業者・生産者支援専用ページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る