Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

北海道の農産物が送料無料 農水省の送料補助事業活用 北海道旬直2021年8月4日

一覧へ

北海道の安全な農産物を届けるECサイト「北海道旬直」を運営する株式会社グラッドは、新型コロナウイルスで売上減少などの影響を受けている生産者を応援する国の「国産農林水産物等販路多様化緊急対策事業」に参加。対象の北海道の農産物が送料無料となるキャンペーンを開始した。

北海道の農産物が送料無料 農水省の送料補助事業活用 北海道旬直

農林水産省の送料補助事業は、新型コロナウイルスの影響でインバウンド需要の減少や輸出の停滞等による在庫をECサイトを通じて解消するため、送料を補助する制度。

同社は、対象商品として夏が旬の北海道産農産物から話題の白いとうもろこし「ロイシーコーン」や、フルーツのような甘みで生で食べられるとうもろこし「ドルチェドリーム」、食感がさくらんぼのようなミニトマト「余市産ぷちぷよトマト」、夕張産メロン「ルピアレッド」など農産物と、魚介類や北海道野菜カレーなど加工品も送料無料で販売している。開催期間は9月30日までを予定。

同社は異常気象やコロナ禍で困っている道内の生産者へ向けて、「北海道旬直」での商品取り扱いをホームページで案内している。

【北海道旬直】

【取扱い問い合わせ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る