生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

「国産キヌア」の収穫・脱穀体験会 山梨県大月市で実施 デマンド・アンド・ケア2021年8月20日

一覧へ

(一社)デマンド・アンド・ケアは8月29日、日本で珍しい国産キヌアの収穫・脱穀体験会を、山梨県大月市で実施する。

スーパーフードの「キヌア」スーパーフードの「キヌア」

「キヌア」は、標高4000メートルを超えるアンデス山脈で採れる南米原産の穀物。人間の体内では生成できない9種類の必須アミノ酸が含まれたスーパーフードと呼ばれ、これまでNASAが宇宙食として採用している。日本でキヌアの生産は確立されておらず、栽培方法や収穫後の脱穀、精白、パウダー化やポップのキヌア化など多くの作業課題があり、大量生産には至っていない。

同法人は、事業部のひとつに国産キヌア生産ファクトリーがあり、今年で4年目。作付け面積を広げた昨年は、長雨や台風などの影響で水浸しになることが多かったが、今年は順調に育った。体験会当日は大学生のボランティアや、一緒に生産している地域の人々と脱穀作業を行う。脱穀作業体験会は、8月29日の8時20分にJR鳥沢駅(山梨県大月市)に集合。なお、同法人は、国産キヌアを使った「日本初のキヌアビール」のクラウドファンディングを3月に行い好評だったという。

【国産キヌア生産ファクトリー】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る