人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「おにぎりアクション2021」をサポート オイシックス・ラ・大地2021年10月6日

一覧へ

オイシックス・ラ・大地は10月16日の世界食料デーにあわせ、TABLE FOR TWO International(TFT)が11月5日まで実施している「おにぎりアクション2021」に協賛。「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」で寄付つき新米を販売するほか、保育施設への給食関連サービス事業「すくすくOisix」での食育イベントを通じ、SNS投稿を促すキャンペーンを実施する。

「おにぎりアクション2021」をサポート オイシックス・ラ・大地おにぎりアクションは、「食」を通じて世界の食料・健康問題の解決に取り組む日本発の社会貢献運動。TFTが、2015年から毎年10月16日の「世界食料デー」を記念して実施している。日本の代表的な食である「おにぎり」をシンボルに、期間中の対象商品の購入や、「おにぎり」の写真のSNSへの投稿が寄付につながり、アフリカ・アジアの子どもたちに給食をプレゼントできる取り組みで、過去6年間の開催で、累計100万枚の写真が投稿され、約540万食の給食を届けている。2019年には、取り組みが「ジャパン SDGs アワード」SDGs 副本部長(外務大臣)賞を受賞した。

「おにぎりアクション2021」をサポート オイシックス・ラ・大地「おにぎりアクション2021」をサポート オイシックス・ラ・大地

同社は2008年からTFTに参加。利用者にヘルシーな寄付つき商品を購入してもらう通年の取り組みで、アフリカ・アジアの子どもたちに累計約614万食(2021年9月末現在)の寄付支援を行っている。

今年のおにぎりアクションでは、寄付つき新米の販売としてOisixで人気の山形県庄内産「ひとめぼれ」、らでぃっしゅぼーやでは「おむすびブレンド白米」を販売。また、保育施設への給食関連サービス事業「すくすくOisix」では、提携している保育施設に田んぼから稲穂を届け、身近なお米についての学びを深める食育イベントを通じて、おにぎりアクションへの参加を呼びかける。さらに、おいしい食の作り手にありがとうを伝えるフォトグランプリ「生産者にありがとう賞」への投稿を促進する。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る