Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

ハロウィンで子どもを野菜好きに 公式サイトで新メニュー公開 キユーピー2021年10月13日

一覧へ

キユーピーは、野菜を使ったハロウィンメニューを新たに開発し、公式サイトで紹介している。10月下旬には、親子で作れる旬の秋野菜を使った新レシピを公開する。

ジャック・オー・ランタンとサーモンのハロウィンサラダジャック・オー・ランタンとサーモンのハロウィンサラダ

公式サイトでは、ハロウィンならではの、かぼちゃのジャック・オー・ランタンやおばけなど、親子で楽しく作れる、野菜を使ったかわいいハロウィンメニューを新たに開発。子どもに野菜を食べてもらうには、見た目を楽しく演出するのもポイントで、見た目の印象をきっかけに、突然食べてくれるようになる場合もある。

また、万能調味料のマヨネーズを使えばサラダからメインディッシュ、デザートまで作れることから、同サイトでは、マヨディップで食べる野菜スティックを、パプリカで作ったジャック・オー・ランタンに盛りつけてハロウィンパーティーにぴったりの一品を紹介している。また、かぼちゃをまるごと器にした、マヨチーズフォンデュもインパクトがある見た目で、子どもにおすすめのメニュー。デザートには、マヨネーズを加えることで、ふわふわに仕上がるかぼちゃマフィンを紹介している。

さらに、"子どもが野菜を好きになる"をテーマに開発した「クリーミィ野菜ドレッシング(キャロット&オニオン)」を使ったハロウィンメニューの作り方を動画で公開。子どもは、自分で作ったものは進んで食べる傾向があるため、野菜の型抜きや盛りつけなど調理工程の一部や仕上げだけでも楽しい食体験につながる。動画では、小さな子どもも挑戦しやすい作業を"お手伝いポイント!"として紹介している。

ハロウィンに欠かせないかぼちゃは、子どもに食べてもらいたい緑黄色野菜。子どもが野菜を苦手になる理由とその解決のヒントを紹介する、キユーピーの公式サイト「子どもと野菜をたのしもう」では、子どもの心をくすぐる野菜レシピを多数紹介しており、10月下旬には、旬の秋野菜を使った新レシピも公開予定。

ハロウィンのおばけロールサンドハロウィンのおばけロールサンド

【「子どもと野菜をたのしもう」】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る