JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

お米と仲良くなる食育イベント 保育施設で実施「すくすくOisix」2021年10月20日

一覧へ

オイシックス・ラ・大地が運営する保育施設への給食関連サービス事業「すくすくOisix」は、「子どもたちが『食べる』をもっと好きになる給食プロジェクト」第1弾として「お米と仲良くなる食育イベント」を実施。フードロスゼロを意識した体験型食育コンテンツを保育施設に提供した。

写真を使ってお米の生育を学ぶ写真を使ってお米の生育を学ぶ

同プロジェクトは、お米が作られるプロセスを知って興味や関心を深めてもらい、子どもたちが食べることをより好きになるきっかけを提供。同社がもつ生産者とのつながりを活かし、コロナ禍で収穫体験などの機会が減っている保育施設でも実現できる食育体験を実施した。

コップを使った脱穀に取り組む園児コップを使った脱穀に取り組む園児

食育体験では、米がついている稲穂を希望保育施設にプレゼントし、脱穀体験ができる資料を配布。コップを使った脱穀やすりこぎを使って籾摺りなど、実際に稲からお米を取り出した。また、お米ができるプロセスやどんな人が作っているかがわかるツールを作成し、ダウンロード形式で保育施設に配布。紙芝居形式でお米ができるまでの流れを理解する企画を用意した。さらに、Oisixの米生産者に手紙を届けて産地との繋がりをつくれるよう、生産者に向けた手紙のフォーマットも配布した。

この企画を実施した桃花小規模保育園(東京都板橋区)の園長は「お米は子どもが大好きで、エネルギーの源となる、生きる上で欠かせない食べ物。今回の食育体験では、子どもたちは実際に脱穀やもみすりの体験をしてみて、頑張って作業をしてもほんの少ししかお米がとれないことがわかり、普段食べているご飯1粒1粒に感謝の気持ちを感じることができた」と話している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る