FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

絵袋種子「実咲」シリーズ 2022年春の新商品13点を発売 サカタのタネ2021年11月25日

一覧へ

サカタのタネは、草花・野菜・ハーブ類の統一絵袋ブランド「実咲シリーズ」に2022年春の新商品として計13点を追加し、12月上旬から順次発売。野菜は、『ジャンボとうがらし福耳ジロー』、トウガラシ『甘とうジャンボ』、『大きくてやわらかいオクラ』など10点と花は、『よく咲くペチュニアバカラiQミックス』、『八重咲ひまわりオレンジグローブ』など3点で、春の家庭園芸に欠かせない品目のラインアップを拡充した。

「実咲」シリーズの新商品「実咲」シリーズの新商品

『ジャンボとうがらし福耳ジロー』は、炒めるとピリッと辛い肉厚な品種。トウガラシ『甘とうジャンボ』は辛みのない品種で、好みに合わせて選ぶことができる。『大きくてやわらかいオクラ』は、収穫が遅れても実がやわらかく家庭菜園で人気の品種。一方、『よく咲くペチュニアバカラiQミックス』は、雨に強く、雨の後の回復力がある花。従来、ペチュニアが苦手としてきた梅雨も含めて、晩春から盛夏にかけて花を咲かせ続ける。また、ペチュニアはタネが非常に細かく、タネまきの際の扱いに注意が必要だが、新商品は種子にペレット加工を施し、初心者でもまきやすいサイズにした。『八重咲きひまわりオレンジグローブ』は、花径が大きく花持ちがよいので切り花にしても長く楽しめる。

そのほか、『徳用袋おてがる五角オクラピークファイブ』『暑さに強いキャベツ藍天』『サラダほうれん草』『スナックいんげんサクサク王子 ネオ』、エダマメ『丹波黒大豆』『スイーツにんじん濱自慢』『徳用袋スイーツにんじん濱自慢』、マリーゴールド『ホワイトバニラ』を「実咲」シリーズに加え、販売する。

全国の種苗店、園芸店、ホームセンター、サカタのタネガーデンセンター横浜で12月上旬から順次発売。オンラインショップを含む同社通信販売では、12月下旬から順次出荷予定。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る