秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

外食意向は回復傾向 ワクチンパスポート特典「利用したい」51.5% 外食実態11月調査2021年12月3日

一覧へ

リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は11月、緊急事態宣言解除後の外食の実態や消費者心理について調査し、結果を発表した。

同調査は11月5日~6日、首都圏、関西圏、東海圏に住む20~69歳の男女にインターネットで実施。有効回答数は1034件。

調査によると、現在の外食意向「当分は様子を見て外食を控える」21.5%。2021年7月の調査より13.4ポイント減少し、外食意向は回復傾向にある。外食頻度がコロナ禍前と比べて変化した理由は、「感染しないか不安だから」52.4%(前回調査73.3 %)、「まだ自粛すべきだと思うから」36.6%(同49.9%)。いずれも7月調査より不安が和らいだ様子がうかがえる。今後の店選びで「都道府県などの自治体の認証を受けた店かどうか」を気にする人は20.8%だった。

外食店の「ワクチンパスポート特典」を今後利用してみたい人は51.5%。「ワクチン接種証明書や陰性証明書の持参者に特典のある飲食店」の認知と利用意向は「知っている(すでに利用した)」人が2.3%だった。

また、11月上旬時点で忘年会の実施予定が「ある」と回答した人が10.4%で、「ない」とした人が40.8%、「わからない」とした人が19.9%、「所属団体はない」とした人が28.8%。また、所属団体から忘年会について制約の通達はは、「ある人」と「ない人」とがほぼ半々だった。

年末年始の帰省については、「予定がある」人が36.7%、「帰省先があるが帰省しない」人が20.1%、「帰省先がない」人が43.1%。また、それぞれの状況で外食を行うかについて「外食する・計」は44.8%だった。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る