2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

学生が考案した代替肉レシピ 新潟伊勢丹がメニュー化し提供 ネクストミーツ2021年12月9日

一覧へ

ネクストミーツは12月8日~14日、新潟三越伊勢丹と国際調理製菓専門学校との産学連携によるSDGsの取組みとして、11月開催の代替肉のレシピコンテスト「NEXTレシピバトル」で入賞した「NEXTタレカツ丼」と「野菜いっぱいNEXT中華」を新潟伊勢丹7階 NIIGATA越品ダイニングでメニューとして提供する。

メニューを試食したアルビレックス新潟の選手とレシピを考案した入賞チームの学生メニューを試食したアルビレックス新潟の選手とレシピを考案した入賞チームの学生

ネクストミーツは、子どもたちに代替肉について知ってもらい、より身近に感じてもらうための食育に力を入れている。その一環として11月8日、新潟三越伊勢丹と国際調理製菓専門学校との産学連携で代替肉のレシピコンテスト「NEXTレシピバトル」を開催。前半は代替肉と環境をテーマに同社の白井良会長による講義を行い、後半は代替肉料理のレストランでのメニュー化をかけて、学生たちが調理に取り組み、審査員投票とSNSでの一般投票で最も高い評価を得た入賞レシピ2品が、新潟伊勢丹7階のNIIGATA越品ダイニングで期間限定メニューとなった。

提供される優勝レシピは、新潟県のご当地グルメを再現した「NEXTタレカツ丼」(1100円)で、準優勝は「野菜いっぱいNEXT中華」(1100円)。プロのアレンジにより、より美味しさが増し、肉と比べても遜色ない食感・味となった。また、特別企画として8日にはサッカーJ2のアルビレックス新潟の堀米悠斗選手、星雄次選手、藤田和輝選手の3選手が入賞レシピを試食。入賞チームの学生たち自ら調理し、選手たちにふるまった。

メニュー化された優勝レシピ「NEXTタレカツ丼」(左)と準優勝の「野菜いっぱいNEXT中華」メニュー化された優勝レシピ「NEXTタレカツ丼」(左)と準優勝の「野菜いっぱいNEXT中華」

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る