おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

ガーデニング用品市場 2021年から2026年に約5%で成長見込み2021年12月23日

一覧へ

グローバルインフォメーションは12月20日、市場調査レポート「ガーデニング用品市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を開始した。

ガーデニング用品の世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかに成長。同レポートによると、今後2021年から2026年にかけて市場は約5%の年平均成長率(CAGR)で成長すると予測されている。

日々の農作業を簡単に、効率的に、経済的に行い、植物全体の成長に好ましい条件を与えるガーデニング用品。こて、鋤、熊手、手耕機、トラクター、芝刈り機、ハロー、セッケン、ガーデンフォーク、スプリンクラー、剪定鋸、スプレーポンプ、草刈り機、出芽・接ぎ木用ナイフなどがある。現在、複数のメーカーが、雑草の駆除、作物残渣の除去、エアレーションの促進など、労働集約的な作業を容易にするロボット機器を提供している。

市場の動向

急速な都市化に伴う家庭菜園の増加や、自家製の有機野菜や果物に対する消費者の関心の高まりは、市場にプラスの影響を与える重要な要因の一つ。これは、環境問題への関心の高まりと、食品中の残留農薬による悪影響に対する個人の意識の高まりによるものと考えられる。さらに、垂直庭園などの造園の需要が高まっていることも、市場を牽引している。

ガーデニング用品は、世界各地のゴルフコース、スポーツフィールド、公共の公園などでも使用。また、多忙なライフスタイルや生活水準の向上に伴い、日々の作業を高精度に行うための自動化機器の需要が高まっている。これに伴い、人工知能(AI)技術の統合により、運用コストを削減するために、業務用芝刈り機の導入が増加。これに加えて、マンション需要の増加や核家族化によるバルコニーガーデンの増加傾向も、市場の成長に寄与している。さらに、市場の主要企業は、革新的でスマートな機器の開発・導入に注力しており、これが市場を活性化させると予想されている。

主要な市場区分

世界のガーデニング用品市場は、製品、最終用途、地域に基づいて分類されている。

製品別の市場区分
ハンドツール
・ウィーダー
-ケープコッドウィーダー
-ペービングウィーダー
-フィッシュテールウィーダー
・鍬
・鋏・ハサミ
・その他
芝刈り機
トリマー&エッジャー
水処理装置
その他

最終用途別の市場区分
・住宅
・商業/政府機関

地域別の市場区分
北アメリカ
・アメリカ
・カナダ
アジア太平洋地域
・中国
・日本
・インド
・韓国
・オーストラリア
・インドネシア
・その他
ヨーロッパ
・ドイツ
・フランス
・イギリス
・イタリア
・スペイン
・ロシア
・その他
ラテンアメリカ
・ブラジル
・メキシコ
・その他
中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のガーデニング用品市場における主要な企業は、アリエンス社、ブリッグス&ストラットン社、ディア社、ファルコン・ガーデン・ツールズ社、フィスカルズ・グループ、ハスクバーナ社、クボタ社、MTDプロダクツ社、ロバート・ボッシュ社、本田技研工業社、トロ社などが挙げられる。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る