ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

食の安全へ JGAP・ASIAGAP認証取得農場向け 専用保険制度を提供開始2022年1月17日

一覧へ

日本GAP協会、損保ジャパンとウィズアイは共同で、JGAP・ASIAGAP 認証取得農場向けの専用保険制度を発足し、2月から提供を開始。「食の安全」の確保や持続可能な農業に向けて、農場の事業継続をサポートする。

GAP協会は、日本のスタンダードとなるGAP認証の構築と普及に向けて、農業関連事業者に対しさまざまな取組みを行っている。食の安全性へのニーズの高まりや食のグローバル化、持続可能な農業につながる取組みとして、GAP認証取得農場数は年々増加しており、2021年3月末で約7500農場にのぼる。

一方、事業の拡大や多角化を図る経営が増加するなど、日本の農業をめぐる状況が変化する中、農業経営に伴うリスクも多様化。農作業中の事故は依然として多く、労働安全管理の強化についても、対策の重要性が問われている。そこで、三社は専用の保険制度とし、有事の際に農場の経営を守り、事業の継続をサポートするため、認証農産物に限らず全事業を補償する賠償責任補償と、全従業員を守る労働災害補償をセットした補償プランを提供する。

賠償責任補償は、農産・畜産を含む全ての事業を包括的に補償。新たに開始した事業も自動的に補償の対象となる。また、業務過誤賠償責任補償をセットし、生産物の瑕疵による(身体障害や財物損壊を伴わない)第三者の経済損失に対する賠償責任も補償する。

一方、労働災害補償は、正規従業員・臨時雇い(パート・アルバイト)のいずれも補償の対象とし、農繁期や農閑期に雇用人数が変動してもその都度申告する必要はない。なお、JGAP/ASIAGAP 認証取得済み農場は、厳しい生産工程管理をクリアしている実績をふまえ「オリジナル割引」を適用し、一般で加入するよりも割安な設計内容とした。

同制度は、保険契約者をGAP協会、加入者を認証取得農場とし、取扱代理店ウィズアイを通じて全国の認証取得農場へ案内し、損保ジャパンで引き受ける。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る