おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

今がおいしい「伊勢のいちご」ふるさと納税の返礼品でも人気 伊勢市2022年1月17日

一覧へ

三重県伊勢市は、「消費者に選ばれる農産物」を提供するため、青ねぎ、いちご、トマト、かぼちゃ、蓮台寺柿、横輪いもと6つの農産物のブランド化を推進。その中から、ふるさと納税で人気の返礼品で、1月~2月にもっともおいしい「伊勢のいちご」を紹介している。

今がおいしい「伊勢いちご」今がおいしい「伊勢いちご」

伊勢神宮のある伊勢市は、いちごの生産が盛ん。生産量が県内2位の「三重いちご」として県内市場へ出荷する促成産地として、市場から高い評価を受けている。主な栽培品種は「かおり野」と「章姫」で、「かおり野」は、三重県で育成開発された上品な香りとさわやかな甘みが特徴の品種。「章姫」は、細長い三角形の、酸味が少なくやさしい甘みが特徴の品種となる。伊勢市では、11月中旬から5月下旬まで生産されており、2月頃までは特においしい時期。伊勢のいちごは県内のスーパーや市内の直売所などで買えるが、1月末まで受付の期間限定でふるさと納税の返礼品にもなっている。

伊勢市には、農業生産者の高齢化による農業生産量と生産者数の減少に歯止めをかけるため、農産物の生産と独立就農する生産者の育成を目的に、JA伊勢が出資し、2012年に設立された「あぐりん伊勢」があり、いちご農家になりたい人の心強い味方となっている。

現在は、青ねぎといちごで独立就農を目指す人を研修社員として受け入れており、2年間程度の作業の実践を通して栽培技術・経営感覚の習得と、農業の仲間づくりをサポート。現在、いちごの研修社員は4人で、多様なメンバーが力を合わせ日々いちご作りに励んでいる。

2017年から農業を始めたいちご農家の東江里さんは、「かおり野」と「章姫」をメインに、現在は6種類のいちごを栽培中。先輩農家から教わった「いちごは2か月先の仕事をしなくてはならない」という言葉を励みに、「先のことを予想して、今いちごの世話をする。その予想が当たってうまく育ってくれた時は、とてもうれしい」と話している。

かおり野と章姫をメインに栽培するいちご農家の東さん

かおり野と章姫をメインに栽培するいちご農家の東さん

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る