BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

超高齢社会の健康維持へ ミールセット「NARO Style PLUS MEAL SET」販売開始2022年1月27日

一覧へ

株式会社フローウィング(兵庫県姫路市)と農研機構は、健康維持のための食事の開発に取り組み、「NARO Style PLUS MEAL SET」を完成。様々な分野へ商品を提供するとともに、健康サポートとして社会実装を行う。

NARO Style PLUS MEAL SETの特徴NARO Style PLUS MEAL SETの特徴

国民医療費は2015年度の42.3兆円から2025年度には1.4倍の57.8兆円に増加するとみられ、このうち65歳以上の高齢者の医療費は、23.5兆円から34.7兆円に1.5倍に増加。医療費全体に占める割合も55%から60%に高まるといわれる。医療費の財源確保や保険料負担の増加が、個人消費や企業活動等の経済へ与える影響が懸念される中、国民が健康を維持できる環境の開発が急務となっている。

中でも、特定健康診査制度の基礎概念とされているメタボリックシンドロームは、内臓脂肪蓄積型の肥満をもつ人が高血圧、高血糖、高脂血症といった動脈硬化の危険因子を2つ以上もつ疾患概念。内臓脂肪の増加によりインスリン抵抗性の悪化やLDLコレステロールの上昇等を招くことから、内臓脂肪を増加させないことが重要とされている。

「NARO Style PLUS MEAL SET」は、内臓脂肪の低減が期待される「NARO Style弁当」の栄養成分に注目。おかずを3種類から4種類に増やして栄養成分を調整した弁当と、「べにふうき」緑茶スティックをセットとして量産体制を整えた。ミールセットは、おかず4種類、もち麦ご飯、「べにふうき」緑茶で構成されている。

冷凍庫で半年間保存が可能で、企業や施設など自社で調理可能な現場に対しては、ミールセット内容を業務用として湯せんパック(10〜20食分を1パック)で提供を予定。一日あたり20万食の量産が可能で、個人での購入のほか、企業の健康経営や薬局に配置など、食事の新しい形態として提案する。現在は10メニューだが、40メニューまで増やしていく予定。冷凍状態で全国に配送が可能。

健康サポート社会実装健康サポート社会実装

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る