おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

営農型太陽光発電設備「ふぁそらん」が発電をスタート 生活クラブ千葉2022年4月8日

一覧へ

生活クラブ千葉は4月1日、営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)の「ふぁそらん」をスタート。千葉県八街市にある農園「生活クラブ・虹と風のファーム」が設置した。

営農型太陽光発電設備「ふぁそらん」が発電をスタート 生活クラブ千葉生活クラブ・虹と風のファーム全体概要図

虹と風のファームは生活クラブ千葉と社会福祉法人生活クラブが共同で2019年に設立した農園。ローカルSDGsのモデルとして、食・エネルギー・福祉が連携する仕組みを創り出すことを目的としている。農福連携を始め、農業を通じて多様な人が出会い、働く場になることを目指しており、今回の設置でエネルギーを自給できるようになった。

生活クラブ虹と風ファーム 八街発電所(ふぁそらん)生活クラブ虹と風ファーム 八街発電所(ふぁそらん)

太陽光パネルの下で、機械による作業も可能太陽光パネルの下で、機械による作業も可能

◎発電所概要
名称:生活クラブSOLAR虹と風のファーム 八街発電所
愛称:ふぁそらん
面積:縦45m×横22.5m
年間平均発電量:74,665kWh

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る