2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:プリンスベイト
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

農業に特化したブロックチェーンプラットフォームを提供開始 TSUBU2022年4月14日

一覧へ

TSUBU株式会社は、農業に特化した月額2000円からのブロックチェーンプラットフォームの提供を5月から始める。

農業に特化したブロックチェーンプラットフォームを提供開始 TSUBU

農業に特化したブロックチェーンプラットフォームは、生産品の写真を位置情報として、産地偽装などがない証明を発行するシステム。高額なブロックチェーンシステムではなく、既存データベースなどを活用した形で、コストを削減し、利用料を月額2000円程度に抑えてサービスを展開する。また、新しいオペレーションを行うにあたり、農業DX人材・カーボンニュートラル・グローバルタレントの3つの教育プログラムも展開する。

この教育システムは、国立大学での導入にも進んでおり、研究データ改ざん防止にも役立てる事を想定している。

消費者へのQRコードでの表示アプリやオリジナルラベルシステムなどは、別途オプションサービスなどで対応し、認定ソフトウェアサービス会社へ委託。生産者が説明責任を証明することを優先したシステムで、誰もが抵抗なく使い始られることが大きなポイントとなっている。

同社は今後、このシステムを活用してシステム開発などを行うパートナー会社との提携を拡大し、一次産業における、産地問題、トレーサビリティ、労働者雇用問題、コールドチェーンによる商品保証、販売店における完売証明(フードロス無し)を可視化。また、証明までをワンストップショッピングで提供することで、農作物の高付加価値化と高単価化につなげていく。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る