秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

今冬の「降雪傾向」北〜西日本の日本海側で多くなる可能性大 ウェザーニューズ2022年11月25日

一覧へ

ウェザーニューズは11月25日、今冬の「降雪傾向」を発表した。12から来年3月の降雪量は、北日本から西日本の日本海側で"平年並か多い"予想。一方、北日本から西日本の太平洋側では"平年並"となる見通し。ピークは広範囲で1月後半。1月中旬からは南岸低気圧の影響で関東甲信の平野部でも積雪のおそれがある。

12~3月の降雪傾向12~3月の降雪傾向

今冬の降雪量は、北海道から東北の日本海側・北陸・近畿北部・山陰で"平年並か多い"、その他のエリアは"平年並"の予想。ラニーニャ現象の影響で偏西風が日本付近で南に蛇行するため、シベリアの高気圧の南東への張り出しが強くなり、西日本を中心に寒気の流れ込みやすい時期がある見込まれる。このため、東日本から西日本の日本海側を中心に降雪量が平年並か多くなる予想。

また、北日本の日本海側は冬型の気圧配置が強まる時期と弱まる時期がある一方、低気圧の影響でまとまった雪が降る日があり、降雪量は平年並か多くなる予想。東日本の太平洋側は1月中旬から南岸低気圧の影響を受ける日があるとみられ、平野部でも積雪するおそれがある。また、今冬は西回りで強い寒気が流れ込む時期があり、西日本の太平洋側でも平野部で積雪する日がある見込み。東日本から西日本の太平洋側の降雪量は平年並の予想。

昨冬は12月下旬以降、断続的に強い寒気が流れ込んだ影響で記録的な大雪となったところがあった。また、北日本は低気圧の影響を受けやすい時期があり、12~2月の合計降雪量は北日本と西日本の日本海側で平年より多く、東日本の日本海側でも平年並の範囲ながら多めだった。

ラニーニャ現象で、西日本を中心に寒気が流れ込みやすいラニーニャ現象で、西日本を中心に寒気が流れ込みやすい

今冬は3シーズン連続で冬にラニーニャ現象が発生した状態となり、昨冬と同様に12~2月の合計降雪量は北日本から西日本の日本海側で降雪量が多くなる可能性がある。また、昨シーズンの3月はシベリア高気圧の勢力が弱まり、日本付近への寒気の南下が弱まったため、北日本から西日本の日本海側の降雪量は平年より少なくなった。今シーズンの3月も日本付近への寒気の南下が弱まり、北日本から西日本の日本海側の降雪量は平年並か少なくなる見込み。

雪のピークは広範囲で1月後半の予想。この時期は1年のうちでもっとも寒い時期で、強い寒気が南下した場合は、山陰・北陸を中心に大雪となり、濃尾平野や京阪神、瀬戸内でも積雪のおそれがある。また、1月中旬からは南岸低気圧の影響で関東甲信の平野部でも積雪のおそれがあり、交通機関に大きな影響が出る可能性もある。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る