秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農林水産大臣賞など決定「第22回東京砧花き全国品評会」開催 東京砧花き園芸市場2022年12月1日

一覧へ

情報流通支援サービスのオークネットの子会社・東京砧花き園芸市場(砧花き)は11月21日と28日、高品質な花きを表彰する「第22回東京砧花き全国品評会」を開催。最優秀賞の「農林水産大臣 野村哲郎賞」をはじめ、「文部科学大臣 永岡桂子賞」、「オークネット会長賞」などの各賞が決まった。

「第22回東京砧花き全国品評会」主な入賞作品「第22回東京砧花き全国品評会」
主な入賞作品

オークネットは、子会社のオークネット・アグリビジネスを通じて、完全リモート仕入を実現したインターネット花市場を運営。3月には砧花きでも、自宅や店舗・作業場などからリモートで競りに参加できる園芸店、生花店向け「在宅花きセリサービス」の提供を始めた。自社のインターネット市場と砧花きの現物の市場と、ICTを活用した大輪胡蝶蘭の生産・販売事業を合わせ、取扱高116億円規模の花き流通事業を展開している。また、砧花きの子会社化に伴い、2020年から「東京砧花き全国品評会」の運営にも携わっている。

「東京砧花き全国品評会」は、冬に本格出荷を迎えるシクラメン、ポインセチアと洋ランを対象に、花き生産者の生産意欲・品質向上および消費拡大を目的として行われる品評会。大手園芸店のバイヤーなどが審査員となり、商品の完成度や商品性を主眼に審査が行われる。

第22回目となる今回の品評会には、日本全国の生産者から選りすぐりの商品402点(シクラメン225点、ポインセチア75点、洋ラン102点)が出品。延べ約50人の審査員により各受賞商品が決まり、翌日のセリで活発に取り引きが行なわれた。

主な入賞作品主な入賞作品

生産現場では不安定な世界情勢の影響を受け電気代、燃料費、肥料、各種資材の価格が高騰し、厳しい状況下で生産されている中で開かれた品評会。東京砧花き全国品評会実行委員会は「数量こそ前年を下回ったが、各地の生産者の皆様が手塩にかけて作り上げた非常に高品質な商品を出展いただいた。これから店頭にはウィンターギフトとして多くのシクラメン、ポインセチア、そしてシンビジウムが勢ぞろいする。寒さが増していくなか、美しいお花で皆様の暮らしに潤いと彩りを添えていただければ」と話している。

品評会の様子品評会の様子

最新の記事

右上長方形:NTTアドSP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る