人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

食料・農業・農村基本法改正に意見 政府「中間とりまとめ」受け パルシステム連合会2023年6月1日

一覧へ

パルシステム連合会は6月1日、政府へ「食料・農業・農村基本法改正に伴う意見」を提出した。生産者とつながる消費者団体の立場から、水田の活用を中心とした資源循環型の農業実現や消費者が選べる表示制度の整備などを求めている。

食料・農業・農村基本法改正に意見 政府「中間とりまとめ」受け パルシステム連合会

意見書は、政府「食料・農業・農村政策審議会」が5月29日に発表した中間取りまとめを受け、野村哲郎農林水産大臣へ提出された。

近年の国内外における急激な環境変化は飼料・肥料の高騰や家畜伝染病の拡大などを招き、国内の農畜水産業を取り巻く情勢は厳しさを増している。食料やエネルギーの海外調達が困難になる中、生産力を強化していく食料・農業・農村のあり方について、生産者とつながる消費者団体の立場から意見した。

提出した意見の概要は次の通り。

1.食料安全保障の観点から、国内生産者の保護と育成を強化するように求めます。
2.食料自給率維持向上のためにも、日本の食生活の基本である稲作は守り続けるように求めます。
3.遺伝子組み換え作物やゲノム編集生産物を原料とした加工品の表示を求めます。
4.環境への取り組みと、資源循環型農業(未利用資源の活用)の推進を求めます。
5.有機農業や特別栽培の推進と学校給食への活用を求めます。
6.農漁村など地方の環境保全を進め観光産業など地域の雇用拡大することを求めます。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る