人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

外食市場規模 前年比 +41.2%、コロナ禍前比-22.0% 2022年度外食・中食動向2023年9月28日

一覧へ

リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は毎月、首都圏・関西圏・東海圏の男女約1万人を対象に実施している「外食市場調査」について、2022年度(2022年4月~2023年3月)の年間結果として「外食&中食動向」を発表した。

外食の回数・市場規模

3圏域計の2022年度(22年4月~23年3月)の年間の外食市場規模は前年度比+41.2% (3兆571億円)と推計。コロナ禍3年目の外食市場規模は、19年度比[コロナ禍前比]で78.0%まで回復した。また、実施者の1か月あたり外食実施率は前年度差+10.0pt(64.2%)、外食頻度は前年度比+7.5%(3.70回)、外食単価は同+12.7%(2690円)とそれぞれ増加した。

外食の性年代別の外食実態

対19年度比で外食市場規模の回復幅が大きい性年代は「女性/50歳代」(-9.3%)、「女性/20歳代」(-11.6%)。回復幅が小さい性年代は「男性/60歳代」(-33.1%)、「女性/60歳代」 (-30.9%)。

外食の業態別の外食実態

「居酒屋」は市場規模前年度比+80.1%。コロナ禍の20~21年度は「ファミリーレストラン、回転すし等」が回数シェア1位だったが、3年ぶりに「居酒屋」が回数シェア1位に返り咲いた。

経年分析 コロナ後の飲酒市場を予測

飲酒を伴う外食の業態別のシェアをみると、コロナ禍前に比べ飲酒主体業態の店のシェアが減り、食事主体業態の店のシェアが増えている。コロナ後は、食事主体の店での飲酒機会が増えていくと予想される。

中食の回数・市場規模

3圏域計の2022年度(22年4月~23年3月)の年間の中食市場規模は前年度比-5.2%(1兆4431億円)と推計。コロナ禍3年目において、外食市場規模が増加したことに伴い、中食市場の伸びは止まった。また、実施者の1カ月あたりの中食実施率と頻度は前年度を下回り、中食単価は前年度比+3.5%と増加した。

中食の性年代別の中食実態

対前年度比で延べ中食購入回数が最も減った性年代は「女性/20歳代」(-12.5%)で、外食回数が増えた反動で中食購入回数が減った様子がうかがえる。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る