左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
2・PC:朝日アグリア・エコレット
FMCプレバソンSP

埼玉県深谷市に「アグリテック交流施設 カタリバ深谷」オープン ATOMica2023年10月26日

一覧へ

ソーシャルコワーキングスタートアップのATOMica(宮崎県宮崎市)は、埼玉県深谷市から業務を受託した「アグリテック交流施設 カタリバ深谷」の運営を10月30日に開始。農家とアグリテック企業をつなぐ施設運営をサポートし、深谷市の農業活性化を目指す。

埼玉県深谷市に「アグリテック交流施設 カタリバ深谷」オープン ATOMica

深谷ねぎをはじめ多様な農畜産物の一大生産地である深谷市は、後継問題や技能伝承、異常気象による影響など様々な課題解決に向けて、アグリテック(農業×技術)と、それに取り組む企業(アグリテック企業)が集積する深谷版シリコンバレー 「DEEP VALLEY」の実現を目指している。

「アグリテック交流施設 カタリバ深谷」は、人と情報のハブとなる場所。アグリテック企業や生産者、農業関係団体、学生、研究者などが気軽に訪れ、マッチングやイノベーションが生み出されることで、アグリテック企業が深谷市に集積するきっかけとなる拠点を目指す。今後、農家、アグリテック、学生・企業などの交流の場として、プログラムなどの実施を予定している。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る