人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

産地とつながる「長崎の産直ひじきドライパック」発売 パルシステム2023年11月21日

一覧へ

パルシステム連合会は11月20日、パウチタイプと缶タイプの「長崎の産直ひじきドライパック」を販売開始。パルシステムの産直産地・長崎県漁業協同組合連合会(長崎県漁連)が取り扱うひじきを使い、海の環境保全活動と地域交流に取り組む産地を応援する。

水戻しの手間をかけずに食べられる「長崎の産直ひじきドライパック」は、長崎県内の漁業協同組合で構成する長崎県漁連のひじきを原料としている。

やわらかな「芽」だけを選別し、ふっくらと蒸しあげているため、やわらかく口当たりがよいのが特徴。

「長崎の産直ひじきドライパック」の調理例「長崎の産直ひじきドライパック」の調理例

「ドライパック製法」は、水戻ししたり軽くボイルした素材を、缶やレトルトパウチに詰め、素材に含まれる水分で蒸し上げる。水煮と違い、素材の風味が生きているため開封してそのまま食べられる。

「長崎の産直ひじきドライパック(パウチ)」「長崎の産直ひじきドライパック(パウチ)」

また、煮たり炒めたり、加熱調理してもおいしく食べられ、煮物やサラダ、スープにもおすすめ。

国内のひじきの8~9割が外国産のなか、ひじきの全国的な生産量は、海水温の上昇や磯焼け等により2019 年の約1004トンから2022 年には約半分の508トンとなり、国産のひじきは大幅に減少している。さらに、収穫する産地の様子までわかるひじきは市場にはほとんど出回らない。

パルシステムと長崎県漁業協同組合連合会は、2011年に産直提携を結び、ともに漁場の環境保全や長崎の海産物を活かした商品開発に取り組み信頼関係を築いてきた。

現在も同連合会の会員漁協である深江町漁協ではアマモ場の再生など、海の環境保全活動や地域交流を応援している。「長崎の産直ひじきドライパック(パウチ)」(50g×3)は430円。「長崎の産直ひじきドライパック(缶)」(110g×2)は505円。いずれも税込。

「長崎の産直ひじきドライパック(缶)」「長崎の産直ひじきドライパック(缶)」

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る