左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
2・PC:朝日アグリア・エコレット
FMCセンターSP:ベネビア®OD

今冬の降雪 エルニーニョ現象で暖冬予想 降雪量は平年より少ない傾向 ウェザーニューズ2023年11月24日

一覧へ

ウェザーニューズは11月22日、今冬の「降雪傾向」を発表した。今冬の降雪量は、エルニーニョ現象による暖冬予想、降雪量は平年より少ない傾向。太平洋側は低気圧による降水量増、南岸低気圧による大雪のおそれもある。

予想降雪量マップ予想降雪量マップ

今冬(12〜3月)の降雪量は、暖冬の影響で日本海側と東海以西の太平洋側では平年より少ない傾向で、北日本太平洋側と関東甲信では平年並の予想。

規模の大きいエルニーニョ現象とインド洋の海面水温分布の影響で、日本付近では偏西風が北に蛇行するため、日本付近では南からの暖気が流れ込みやすく冬型の気圧配置が長続きしない傾向にある。

太平洋側では低気圧の影響を受けやすいため降水量が多くなるが、気温が高く降雪量としては平年並か少ない予想。

ただ、寒気が入るタイミング次第では南岸低気圧の通過時に東北南部や関東甲信を中心にまとまった降雪となる可能性があるため十分な備えが必要となる。

雪のピークは北日本日本海側では1月中旬、東日本と西日本の日本海側で2月前半の予想。太平洋側では2月前半の予想で、南岸低気圧による大雪に注意が必要。最近で今冬と類似しているのは2018〜2019年と2019〜2020年の冬で、いずれも全国的に暖冬となり降雪量は少ない傾向だった。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る