人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「ICHI-GO-CAN」日本酒イベント「NIPPON SAKE TRIP!!」新橋駅前で期間限定オープン2024年6月14日

一覧へ

日本酒ブランド「ICHI-GO-CAN®」を展開するAgnaviとPIAZZAは6月20日~22日、全国各地の日本酒や食事を通して産地の魅力を発信する期間限定ショップ「NIPPON SAKE TRIP!!」を、東京・新橋の「カフェピアッザ」で3日間限定でオープンする。

「ICHI-GO-CAN」日本酒イベント「NIPPON SAKE TRIP!!」新橋駅前で期間限定オープン

「NIPPON SAKE TRIP!!」では、Agnaviが展開する日本酒ブランド「ICHI-GO-CAN®」を中心に、全国各地の日本酒60銘柄を取り揃え、日本酒の魅力を存分に味わえる場を提供。また、日本酒に合うこだわりの食事も用意し、食と酒のマリアージュを楽しめる機会を提供する。

地域活性化を目指す両社は、JR東日本グループでスタートアップ企業への出資や協業を推進するJR東日本スタートアップの資本業務提携先。全国各地の酒蔵や食の魅力を発信し、ファンになってもらい、観光流動を創出することを目的に今回の共創に繋がった。

Agnaviの「ICHI-GO-CAN®」は、缶の充填から販売までの一気通貫したサービス。大小問わず地域の酒蔵と連携し、小ロットで清酒を缶に詰めることで、市場に出回ることが少ない銘柄も広く流通させることができる。この「ICHI-GO-CAN®」の特性から、限られた期間や小さな飲食店でも多種多様な日本酒を同時に提供できることに着目し、今回の取り組みに至った。

PIAZZAは地域コミュニティの活性化を目指し、さまざまなイベントを通じて人々が集い、交流する場を提供。新橋駅から徒歩2分で、多くのビジネスパーソンや訪日外国人が往来する飲食街に立地する「カフェピアッザ」をポップアップストア・イベントの会場として活用することで、人と人・人と地域のつながりを作る。

カフェピアッツァカフェピアッツァ

◎「NIPPON SAKE TRIP!!」概要

<期間>
・6月20日18:00~22:15
・6月21日17:00~22:15
・6月22日15:00~22:15
※ラストオーダー22:00
<場所>
カフェピアッザ(東京都港区新橋3-16-17)
<販売価格(税込)>
・角打ち:600円/半合、1000円/1合、700円/半合、1200円/1合(プレミアム)
・飲み放題(60分制):3480円
※全品テイクアウトあり

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る