人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

産地応援 高知県産ゆず使用のアイスなど3種類を発売 ファミリーマート2024年6月18日

一覧へ

ファミリーマートは6月18日、継続して取り組んでいる5つのキーワードの1つ「『あなた』のうれしい」の一環として、高知県産のゆずを使った商品3種類を発売。全国のファミリーマート約1万6300店で順次発売する。

産地応援 高知県産ゆず使用のアイスなど3種類を発売 ファミリーマート

日本一のゆず生産地である高知県では、ゆずを未来に向けた継続的な農業とするため、安定した出荷と実ったゆずをあますことなく継続活用するための課題解決を悩みとして抱えている。また、生産者の人手、後継者不足の問題は深刻で、年々生産範囲を狭めている農家も多く、生産地の大きな課題となっている。

ファミリーマートは、生産地の課題解決の一助として、2023年1月に高知県産のゆずを使ったアイスバーを発売。このほど、さらなる高知県産ゆずの消費拡大と魅力を発信するため、ファミマルの産地応援シリーズ「産地と、コンビに、」から、ゆずを使ったアイスバーのほか、うどんなど、さまざまな形でゆずの美味しさを楽しめる商品を順次発売する。中でも、アイスバーは「ゆずの皮も使ってほしい」という農家の声をヒントに開発され、皮の風味も味わえる商品となった。

高知県は、年間を通じて暖かい日が多い中でも、雨によって涼しい空気が流れ込む寒暖差の激しい気候が特徴で、山間部での柚子栽培が盛ん。柚子の枝には大きなとげがたくさんあり、収穫作業の妨げとなることから1度に多くの収穫ができない苦労がある。できるだけ傷が付かないように、一つ一つ手作業で収穫された柚子は、爽やかな香りと上品な酸味がある。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る