左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「野菜作導入 水田輪作で収益向上」のフォーラム開催 農研機構2015年10月22日

一覧へ

 農研機構東北農業研究センターは11月20日に山形市で、東北地域マッチングフォーラム「野菜導入が新たな水田作経営を創る-水田輪作で収益向上をめざすために-」を開く。

 当日は、東北地域の水田輪作における野菜類の安定生産技術などの最新情報と技術普及の課題について意見交換が行われる。また東北地域の水田作経営への野菜作導入の研究事例のパネル展示や技術相談も行われる。

<フォーラム概要>
◎日時:11月20日(金)13:00~17:00(受付開始 12:00)
◎場所:山形テルサ3階アプローズ(山形県山形市)
◎定員:200人
◎参加費:無料
◎申込方法:別紙参加申込書に記入のうえ、11月13日(金)までに、FAX(019-643-3588)またはメールで申し込む。
◎内容
【話題提供】
(1)「山形県における野菜作導入による水田農業活性化の現状と課題」山形県農業総合研究センター園芸試験場 研究主幹兼野菜花き部長 鈴木泉氏
(2)「土壌水分制御技術の導入で野菜作に挑む」山形県農林水産部農村計画課 営農計画主査 中川隆彰氏、農研機構東北農業研究センター生産基盤研究領域 主任研究員 冠秀昭氏、山形県川西町 ファーマーズ高志園代表 渡部正広氏
(3)「新技術がネギの産地強化を支援する」農研機構東北農業研究センター畑作園芸研究領域 上席研究員 村山徹氏、山形県最上総合支庁産業経済部農業技術普及課産地研究室 専門研究員 荘司善守氏、富山県農林水産総合技術センター園芸研究所 野菜課長 西畑秀次氏
(4)「山形県におけるタマネギ新作型導入の取り組み」 山形県庄内総合支庁産業経済部農業技術普及課産地研究室 主任専門研究員 山崎紀子氏、山形県高畠町 たかはた食農伝園代表 吉田吉市氏
【総合討論】
座長:農研機構東北農業研究センター 畑作園芸研究領域長 松元哲氏 
パネラー:講演者
<問い合わせ先>
農研機構東北農業研究センター 企画管理部情報広報課 電話:019-643-3414 ファクス:019-643-3588

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る