左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「農作物病害虫防除フォーラム~今後の土壌病害虫対策を考える~」 2015年11月30日

一覧へ

農水省

 農水省は12月9日、農水省講堂で「第21回 農作物病害虫防除フォーラム~今後の土壌病害虫対策を考える~」を開く。

 土壌病害虫は土壌中に長期間生存し、植物の根などに寄生して成長を阻害し、被害を発生させる。
 農水省は、今年8月に北海道の一部で発生が確認されたジャガイモシロシストセンチュウの防除技術開発や主要農作物に寄生する病害虫の防除などに取り組んでいる。
 同フォーラムは平成7年から毎年1回、病害虫防除のテーマを設定し、研究の成果や取り組み事例の紹介などを行っている。
【開催概要】
◎日時:12月9日13時30分~17時30分
◎場所:農林水産省 本館7階 講堂(東京都千代田区)
◎定員:200人程度
◎内容
(1) 土壌病害虫対策の現状と展望
農研機構 中央農業総合研究センター 上席研究員 津田 新哉 氏
(2) 転炉スラグを用いた土壌pH矯正による土壌病害の被害軽減技術
農研機構東北農業研究センター 上席研究員 門田 育生 氏
(3) 分子生物学的手法を用いたセンチュウ密度と被害程度の予察
東京農工大学大学院農学研究院 教授 豊田 剛己 氏
(4) ナス半身萎凋病を抑制する輪作体系の実証
群馬県農業技術センター 独立研究員 池田 健太郎 氏
(5) 土壌還元消毒の消毒メカニズムと実践事例
園芸植物育種研究所 研究員 門馬 法明 氏
(6) 次世代型土壌病害管理 -ヘソディムの概要と研究普及の現状と課題-
農業環境技術研究所 研究専門員 對馬 誠也 氏
◎申込方法:インターネット、FAX、郵送で申し込む。
・インターネットの場合は下記URLから。
https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/ab72.html
・FAX又は郵送の場合
 参加申込書をホームページからダウンロードし、名前、住所などを記入して送る。詳細についてはホームページで確認する。
<申込先>〒100-8950 東京都 千代田区 霞が関1-2-1 農林水産省 消費安全局 植物防疫課 防除班 宛て FAX:03-3502-3386
◎申込締切:12月2日12時必着 希望者多数の場合は抽選。
<問い合わせ先>
農水省 消費・安全局植物防疫課 電話:03-3502-3382

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る