Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

11/29に 昆虫利用の国際シンポ 農研機構2016年11月10日

一覧へ

 農研機構と農水省は共催で11月29日(火)に東京都千代田区・日比谷コンベンションホールで国際シンポジウム「昆虫の新たな用途展開の可能性を探る- 持続的食料生産に貢献しつつある昆虫 -」を開く。申込締切は11月15日まで。

 国際連合食糧農業機関(FAO)が2013年に食料・飼料への昆虫利用を促す報告書を公表。それ以降、海外では価格高騰した魚粉の代わりに昆虫を活用する動きが活発になりつつあり、食材としての昆虫利用の動きもある。しかし日本では、まだ新たな昆虫利用の動きは活発とはいえない。
 シンポジウムでは伝統的昆虫食文化や昆虫食利用推進事例、飼料利用先進事例を紹介する。開催日時は11月29日 (火) 12時20分から16時30分まで。定員は200人で参加費は無料(ただしシンポジウム終了後の情報交換会の会費は4000円)。申込締切は11月15日(火)まで。
 参加希望者は申込書をホームページでダウンロードして必要事項を記入後、メールまたはファックスで申し込む。詳細はホームページで確認できる。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る