左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

IoTで健康と労務管理を実証 多様な働き方支援 JA全農2019年10月1日

一覧へ

 JA全農とNTT東日本、NTTアグリテクノロジーは、JA全農が運営する次世代施設園芸「ゆめファーム全農」で、IoTを活用した農作業者の健康管理・労務管理を通じ、農業経営を支援する実証実験を開始する。

 実証実験では、IoTを活用し、身体にかかる負荷を計測・可視化することで、管理者への注意喚起や適切なタイミングで休憩を促す。また、農作業者の作業箇所、作業時間などを可視化し、労働環境や労務管理を行う仕組みを提供する。
 具体的には、高知県安芸市の「ゆめファーム全農こうち」で、農作業者に腕時計型のウェアラブルデバイスを装着してもらい、バイタルデータや位置情報等を取得する。取得したデータはLPWAを通じてクラウド上に蓄積され、どこからでもPCやタブレットなどで確認できる。
 取得した情報をもとに、農作業者の身体にかかる負荷や作業の状況を可視化し、予め設定した条件に合致した場合に経営者や管理者にメールでアラート通知を行う。
 実証実験では、年齢や作業経験期間が異なる数名の農作業者を対象にする予定。
 さらに、今後増加が見込まれる外国人技能実習生などとコミュニケーションするために、健康管理・労務管理アプリケーションに多言語翻訳機能やメッセージ機能を搭載していく。

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る